【2023年12月8日】紫原 外壁塗装・屋根塗装専門店【チョーキング現象】【鹿児島市】

【2023年12月8日】紫原 外壁塗装・屋根塗装専門店【チョーキング現象】【鹿児島市】

2023.12.08 (Fri) 更新

皆様こんにちは !鹿児島市地域密着の外壁塗装・屋根塗装専門店東宝ペイントです。

いつも、東宝ペイントのホームページをご覧頂きありがとうございます。

いよいよ12月になりましたね☆

さて、今回は外壁に起こる現象 【チョーキング現象】についてです。

「家の壁を触ると白い粉が付く…」Σ(゚Д゚)

と気になられたことはありませんか?

外壁を指で触った時に白い粉が付くことを、チョーキング現象といいます。

白い粉の正体は、雨や紫外線によって塗料の成分が分解され、粉上になって壁の表面に現れたものです

通常は塗装から5から10年ほどで起こると言われています。

 

外壁のチョーキング現象は、放置すると危険?補修費用・方法は?
 

チョーキング現象は、塗膜の表面の樹脂が劣化している状態です。
外壁を守るという塗装本来の役割を果たすことができなくなっており、特に防水機能が低下しています。

チョーキングを放置してしまうと、外壁は雨水を吸収していき、藻・コケやカビの原因に繋がってしまいます。
さらに時間が経って悪化すると、クラック(ひび割れ)が起きる危険性さえあります。

気になった時がタイミングです


お家のことでお困りごとがございましたら、東宝ペイントにお問合せください。

一緒にお困りごと、お家のお悩みを解決しましょう(*^^*)

 

インスタグラム▼の方もフォロー・いいねボタンまたは閲覧の方を

よろしくお願い致します♪

ご相談お見積り診断無料!
お気軽にご連絡下さい!!

0120-009-380電話受付時間8:00-18:00 定休日:毎週水曜日及び、第1・第3木曜日

ご相談・お見積り依頼

他社でお見積り中の方も大歓迎!失敗しないためにもぜひ比較してください!!

  • 初めて塗装をお考えの方は
  • 東宝ペイントが選ばれる理由はこちら