【鹿児島市】外壁塗装ではなぜ中塗りが必要か?

【鹿児島市】外壁塗装ではなぜ中塗りが必要か?

日常 2021.02.02 (Tue) 更新

鹿児島市の皆様こんにちは、外壁・屋根塗装専門店の東宝ペイントです。

 

今回は、中塗りが必要な理由をご紹介します。

 

「外壁塗装に中塗りは必要?」と思われる方も多いでしょう。

中塗りは、外壁塗装において非常に重要な塗装工程です。

中塗りをせずに、外壁塗装を美しく仕上げることも、

塗料の性能を担保することも出来ません。

 

中塗りとは

基本的には中塗りと上塗りは同じ塗料を使用します。

そのため、外壁塗装の工程を説明する際、「中塗り・上塗り」ではなく、

「上塗り2回」と表現することもあります。

 

中塗りが必要な理由

  1. 美しく仕上げるため

中塗りの段階で凹凸等のない平らな下地をつくっておき、

上塗りが綺麗に塗れるため、より美しく仕上げることができます。

 

「2回塗らずに、1回で仕上られないの?」と思われるかもしれません。

塗料は粘り気があるため、1回で多量の塗料を塗装しようとするとムラになります。

塗装しなければならない塗料の量は明確に決まっているので、少量の塗料で薄く塗装すれば、見た目は美しく仕上がったとしても性能に問題が生じます。

 

  1. 塗料の性能を発揮させるため

塗料の性能

外観の美しさを保つ

家を守る

防汚性、防水性、遮熱性など(塗料によって機能はことなります)

塗料の性能を耐久年数の間しっかり持続させるためには、中塗りが必須です。

 

中塗り(決められた塗料の量を塗装)

↓ (決められた乾燥時間を守る)

上塗り(決められた塗料の量を塗装)

 

もし、中塗りを省けば、塗料はその性能を十分に発揮することはできなでしょう。

早々に塗膜が剥がれるなどの不具合が発生するとこもあります。また、不具合は塗装後すぐに発生せず、塗装後2~3年してから発生することもあります。

中塗りが必要な理由をご紹介させて頂きました。

外壁塗装は、中塗りはとっても重要なのです。

 

お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせは下記からお願いします。

0120-009-380

ご相談お見積り診断無料!
お気軽にご連絡下さい!!

0120-009-380電話受付時間8:00-18:00 定休日:第1・3水曜日 第2・4日曜日

ご相談・お見積り依頼

他社でお見積り中の方も大歓迎!失敗しないためにもぜひ比較してください!!