【鹿児島市】外壁塗装の下塗りの役割とは?

【鹿児島市】外壁塗装の下塗りの役割とは?

日常 2021.01.22 (Fri) 更新

鹿児島市の皆様こんにちは、外壁・屋根塗装専門店の東宝ペイントです。

 

外壁塗装は、下塗り・中塗り・上塗りの3回塗りが基本です。

まず今回は、下塗りの役割をご紹介します。

 

下塗りは、塗装の工程において欠かせない存在です。

 

下塗りの役割

  1. 下地と上塗り塗料を接着する

下地と上塗り塗料を接着する役割があります。

これは、上塗り塗料だけだと塗料がしっかりと密着しないためです。

 

  1. 塗料の吸い込みを防ぐ

外壁によっては塗料を吸収しやすい材料で出来ているからです。

 

  1. 下地の色を隠す

下地の色を隠すことができます。

下地の色が「黒」でも、下塗りと上塗りを「白」にすることで、外壁の色を白色に出来ます。

 

  1. サビ止めをする

金属に塗装をする場合、サビ止め機能がある下塗り塗料を使うことで、サビを防ぐことができます。

 

 

下塗り前の注意

  1. 下塗り前の洗浄はしっかり行う

下地にゴミや汚れ、古い塗装が付着していると、塗装が剥がれる原因になってしまいます。

そのために、高圧洗浄機を使い、徹底的に洗浄する必要があります。

 

  1. 下地の補修が必要な場合、先に行う

ひび割れに使うシーリング材は、塗装が必要な場合があります。

また、ひび割れを後回しにした場合雨水が侵入し外壁を脆くさせる原因になります。

 

下塗りの役割をご紹介させて頂きました。

外壁塗装に、下塗りはとっても重要なのです。

 

お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせは下記からお願いします。

0120-009-380

 

ご相談お見積り診断無料!
お気軽にご連絡下さい!!

0120-009-380電話受付時間8:00-18:00 定休日:毎週水曜日及び、第1・第3木曜日

ご相談・お見積り依頼

他社でお見積り中の方も大歓迎!失敗しないためにもぜひ比較してください!!