【鹿児島市】屋根の劣化サインとは?

【鹿児島市】屋根の劣化サインとは?

日常 2020.12.26 (Sat) 更新

鹿児島市の皆様こんにちは、外壁・屋根塗装専門店の東宝ペイントです。

 

今回は、屋根塗装をおこなうべき劣化サインについてご紹介させて頂きます。

 

〇瓦の滑落

台風などの暴風雨で瓦がズレたり、飛んで落ちてしまうことがあります。

また、瓦のひびわれを放置してしまうと、最終的に瓦は滑落してしまいます。

瓦が滑落することで、瓦の下の防水材、防水材を止めている釘が丸見えになってしまい、

雨が降った際に雨水が釘穴をつたい、雨漏りの原因となってしまいます。

 

〇棟板金のうき、釘抜け

スレート屋根や金属屋根の場合、屋根のてっぺんに棟板金というものがあります、

棟板金が気温の影響により膨張・収縮を繰り返して、棟板金を止めている釘が抜けてしまうとこがあります。これを放置しておくと、はずれや錆の原因になってしまいます。

 

〇漆喰の劣化・剥がれ

日本瓦セメント瓦では、瓦の固定・接着に漆喰を使用します。

風雨や紫外線にさらされ続けているため、経年劣化が生じます。

地上から目視した際に、ひびや剥がれを見つけた場合は危険です。

瓦を固定している力が弱まっているため、少しの風や地震で瓦がズレたり、

最悪の場合は落下してしまう可能性もあります。

 

〇苔や藻・カビの発生、瓦の反り・ひびわれ

屋根材の塗膜が劣化し防水性が低下すると、雨水や湿気により苔が発生します。

早急に屋根の塗装をする必要はありませんが、そのまま放置しておくと屋根そのものの耐久性が悪化してしまい、雨漏りの原因となります。

瓦のそりやひびわれは、スレート瓦の防水性が劣化し始めると、苔も発生では収まらず反りや割れが生じます。

防水性を失ったことにより湿気と乾燥を繰り返し、瓦の反りにつながります。

 

屋根は常日頃から簡単に見える位置にあるわけではないので、劣化症状を確かめるのも大変ですが、メンテナンスの時期が近づいたら、しっかりと屋根業者に診断してもらいましょう。

お困りのことがございましたら、お気軽にご相談下さい。

お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせは下記からお願いします。

0120-009-380

ご相談お見積り診断無料!
お気軽にご連絡下さい!!

0120-009-380電話受付時間8:00-18:00 定休日:毎週水曜日及び、第1・第3木曜日

ご相談・お見積り依頼

他社でお見積り中の方も大歓迎!失敗しないためにもぜひ比較してください!!