「塗料」と「ペンキ」の違いについて

「塗料」と「ペンキ」の違いについて

2020.06.29 (Mon) 更新

皆様こんにちは。

田んぼの近くからは、かえる達の合唱する音がよく聴こえてきますねθοθ)♪

さて今回は、「塗料」と「ペンキ」の違いについてご紹介させていただきます。

塗料=ペンキと、ご紹介されているサイトもございますので中には、

間違った認識をされている方もいるかもしれません。

しかし、厳密には違うものになります!

塗料」は、顔料や樹脂や溶剤などを混ぜて作られたものになります。

そして、外観を美しくするだけでなく、建物等の保護や機能を付与する役割を持ちます。

対して「ペンキ」とは、オイルペイントや合成樹脂調合ペイントのことで、植物油などで稀釈します。

植物油などで稀釈されたペンキに比べると、塗料には顔料や樹脂、溶剤などが含まれているため、

塗料とペンキは、成分が異なっています。

また、塗料とペンキでは役割にも違いがあるのです。

外壁塗装・屋根塗装をされる際は、ぜひ一度「東宝ペイント」までご連絡ください。

ご相談お見積り診断無料!
お気軽にご連絡下さい!!

0120-009-380電話受付時間8:00-18:00 定休日:毎週水曜日及び、第1・第3木曜日

ご相談・お見積り依頼

他社でお見積り中の方も大歓迎!失敗しないためにもぜひ比較してください!!